長い間ごくろうさまでした。

こんにちは、すぎぼーです(*^_^*)


夕べ、すぎぼーにとってはちょっとショックなニュースが。

(一般の方にはそうでもないかも?)

ニコンが1年前から販売を計画していた高級デジカメ3種を販売中止するってアナウンスがありました。



いや、このカメラが販売中止っていうことがショックではなく、『あのニコンが・・・』というところに衝撃が。。

カメラのシェアはこちらのサイトを見るとよくわかります。

コンパクトカメラのシェアは ・キャノン 27.3%  ・ニコン 22.1%  ・カシオ19.3%と続きますが(一応ニコンは2位です)、キャノン・ニコンとも去年より売り上げを落としていることがわかります。


当然、iPhoneをはじめとする、スマホのカメラが高性能になってきたため、もはや、ガチで撮る人以外、デジカメをあまり買わなくなってきているのです。

ここにきて、高級デジカメでどれほどの市場を開拓できるのか・・・・

ニコンにとっては、販売中止という英断は、ほんと、苦渋の選択だったに違いありません。



デジタルものの宿命というか・・・・、新しい技術が出てくると、従来主流であった技術も、あっさりと廃れ、代替わりしていくんですよね・・・。

カメラがいきなり、なくなることはないと思いますが、それでも市場のニーズは確実に違ったものになっていくのでしょう。



さて、(いつものように)前置きが長くなりましたが、会社で使っていた小切手を発行する『(アナログ)チェックライター』。

とうとう、紙送りの機能が悪くなって、印字が横にずれていかなくなりました。

会社設立以前から、社長のお宅で使われていたもの・・・・ということで、20年くらいは経っているものと思われます。


が、銀行さんに相談したところ、今は電子チェックライターが主流だということで、アナログに代わって、電子式のチェックライターを買うことにしました。

アナログの、グリグリ回してガチャンガチャンって音、結構好きだったんですよね~。

でも、上記触れたように、時代の技術は移っていくもの。

デジタル式もまたいいのかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店