神戸神社をのぞいてきました。

<すぎぼーのblog>

こんにちは、すぎぼーです。

ここ数日の雨で、ものすごい災害がおきています。自然の脅威は凄まじい・・・・

災害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

人はなぜか、『まさか自分には(災難が)ふりかからないだろう』と思ってしまいがち。

かくいうすぎぼーも然り。あんな状況の時、果たして自分は真っ先に避難できるだろうか。

自戒をこめて、もう一度、災害対策見直したいです。


さて、台風一過の、ここ伊賀神戸。

朝いちで、近くの神戸神社におじゃまして(というか、お参りして勝手に(^_^;))写真を撮らせていただきました。

つい数日前、用事で通りかかったら、あまりに荘厳?に出来上がっていて、本日自宅よりカメラ持参でやってきました(笑)

伊勢神宮の式年遷宮にあわせ、行われる神戸神社の遷宮。

以前のブログでもご紹介いたしましたが、お伊勢さんで解体された社殿の木材を賜り、神戸神社は造営されます。

*遷宮ご神木の下賜。http://www.asadakenchiku.com/staff/1990.html


建て方は『神明造(しんめいづくり)』と思われます。

空に突き出しているのが『千木(ちぎ)』。こちらが水平に切り出してあったら、祭っている神様は、女神さまだそうです。(垂直の場合は男神)

目にもまぶしい丸太様のパーツは、『鰹木(かつおぎ)』です。

これも比較的新しいかな?ほんとに空気が痛いほど神聖です。

高床式に造られた社殿。高欄、登り高欄、棟持ち柱・・と、私が調べた神明造の構造そのもの!(すごいね~)

goo辞書 神明造

神社に足を踏み入れたら、本当に空気が違います。

生い茂る緑の木、時折小鳥のさえずりしか聞こえない静かな境内。

独特ですよね。


もう一息で完成・・・と思われますので、とても楽しみです。


写真はすべて、パナソニック GM1  with  12-32mm F3.5-5.6


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店