SCのネットゼロ・エネルギーハウス紹介ページがアップされました。

ソーラーサーキットの家より、『ネットゼロ・エネルギーハウス』プロモートページがアップされました。

*http://www.schs.co.jp/netzero/index.html

ネット・ゼロエネルギーハウス(ZEH=Net Zero Energy House)とは?


ネット・ゼロエネルギーハウス:年間の1次エネルギー消費量がネットでゼロとなる住宅


一次エネルギー消費量とは?

化石燃料、原子力燃料、水力・太陽光など自然から得られるエネルギーを「一次エネルギー」、これらを変換・加工して得られるエネルギー(電気、灯油、都市ガス等)を「二次エネルギー」といいます。

建築物では二次エネルギーが多く使用されており、それぞれ異なる計量単位(kWh、l、MJ等)で使用されています。それを一次エネルギー消費量へ換算することにより、建築物の総エネルギー消費量を同じ単位(MJ、GJ)で求めることができるようになります。

*http://www.mlit.go.jp/common/000996591.pdfから引用しました。


ええい!わかった?わかりませんよね?(どうしてお国のHPにはわかりにくい言葉で書いてあるんでしょう)


つまり、光熱費がタダになる!なんて踊り文句は関係なく、

1.省エネにより消費するエネルギーをできるだけ減らす。
2.世帯が消費する正味1次エネルギー量分を(目指してできるだけ)太陽光発電などによって作り出す。


ということだと思うのです。現在家庭用で創エネするもので、最も一般的なものは太陽光発電と燃料電池です。が、その設備があれば、家庭の光熱費が全くいらなくなるかというと、そんなことはありません。

省エネ + 創エネ + 蓄エネ + HEMS(Home Energy Management Systemホーム エネルギー マネジメント システム)

この4つを駆使して消費エネルギー分を賄えるような住宅を、『2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で』建築しようというのが、政府の方針です。


ソーラーサーキットの家は、その高い断熱性で省エネ性能はトップクラスです。

省エネ性能が高ければ高いほど、消費するエネルギーを抑えることができます。

ぜひ一度、上記サイトをご覧いただき、ご検討くださいませ。


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店