VR技術はやがて建築の世界まで変えるのでしょうか?

<すぎぼーのblog>

こんにちは、すぎぼーです(*^_^*)


 昨日・・だったかTVでニュースでやっていたんですが、昨今『VR(バーチャルリアリティ)』の技術革新がめざましいらしい。

VRと聞いて、プレイステーションVRを連想する人はあながち間違っていません(笑)多くのサービス上、その世界に入り込む(没入感を得る)ためには目を覆うゴーグル状の機械をつけますので。



↑  こちらはANAがリコー、ナーブと共に開発しているバーチャルトリップだそうです。 

 旅行に行けない人も擬似的に旅行に行けるーーというもの。

360度カメラやモバイル通信を活用。

まさしく、ドラえもんの世界が実現しつつありますね。


この手のものは今後ますます増えてくると思います。

ただし、現状は視覚・聴覚のみに頼っているだけですので、将来的に触覚・嗅覚・味覚にまでバーチャルが発展してくると仮想旅も醍醐味が出てくるというもの。

 東京大学では『バーチャルクッキー』というVRに味やにおいまで関連つけて再現できる技術を研究中だそうですよ~(^o^)


では、建築の世界ではどうでしょう?

弊社は360度カメラ、リコーのTHETAを導入していますが、この画像を見て真っ先に思ったことは、

『これは、モデルルームの内覧にピッタリだ!』

ということです。

昨秋、弊社が契約しているCADソフト「B-MOS」から新しい技術『B-MOS VR』も誕生しました。

http://www.houtec.co.jp/htm/product/pro_bmos_vr.htm


(残念ながら弊社ではまだ導入には至っていません(>_<))


あらかじめ間取り・インテリア等を細かく設定していれば、あたかもその空間に実際に立って歩いているような体験ができるそうです。

設計段階ではわかりにくかった住宅のイメージを、よりはっきりと掴むことができるのは面白い取り組みだと思います。


もちろんこれ以外にも有名どころは

VR AR コンテンツ制作 | VROX 積木製作

既存のバーチャルリアリティ(VR)にありがちだった「機能性は高いが、CG品質は低い」という先入観を覆す、多機能ながらも圧倒的にクオリティの高い映像表現。 ひと目見れば歴然のグラフィック品質の差が生まれたのは、元々高品質なCGパース制作を旨とする積木製作ならでは。 飽くなき映像品質へのこだわりから、ゲーム用のレンダリングエンジンをベースとしたリアルタイムレンダリング処理が可能な、新世代VRシステム「ブロックス」を開発。フォトリアルなCGパースの表現力はそのままに、3D空間での自由自在な仮想体験を提供します。 VRを利用した体験教育、訓練、トレーニングシステム。ゲーム・エンターテインメント、建築・不動産、ARを利用した現場支援や教育、訓練等様々な分野でご利用頂けます。VROXでは用途に応じて様々なデバイスを組み合わせ、最適なソリューションを提供致します。 OculusRift,HTC Vive,GearVR,ハコスコといったVRヘッドマウントディスプレイ LeapMotion,Kinectといったセンサー。ARグラス。その他、多種多彩なデバイスに対応します。これらのデバイスが様々な映像表現を可能にし、感動体験を提供します。OculusRiftHTC ViveGearVRハコスコBIMを活用したMRシステム清水建設株式会社VR技術を活用した乗組員安全教育ツール株式会社商船三井様多人数同時VR安全教育システム東日本旅客鉄道株式会社新潟支社様VRによる建築学習の効果検証千葉大学大学院建築学コース交通安全教育VR西日本電信電話株式会社(NTT西日本)様変なホテル舞浜東京ベイ 恐竜VRコンテンツ株式会社エイチ・アイ・エス様施工管理者向けVR教育システム建設現場教育 株式会社大林組様無人島0円生活 ぐるっと360°4Dシアター七色金魚トッタの大冒険 II~ジョージの逆襲~安全体感教育 VR建設現場教育 株式会社明電舎様Jatco CVT Virtual DrivingTokyo Motor Show 2015FUSO AERO VR THEATERTokyo Motor Show 2015限りなく実写に近い美麗なグラフィックで、空間内を自由に歩き回ることができるVRコンテンツ、それが積木製作VROXが開発した【Archi Tours】シリーズです。圧倒的な臨場感で「感動体験」を提供

tsumikiseisaku.com


ALTA for VR(株式会社コンピュータシステム研究所)


などがあります。


これらの可能性は単に顧客に対するプレゼンのみならず、

教育・技術継承・安全管理・・・・とかまで考えられますよね!期待大!!



しかし・・・・

あまりに仮想世界が発展しすぎると・・・・

6畳1間の家にいながら、ゴーグルつけて大邸宅に住んでいる疑似体験ができちゃうわけでしょ?

それで満足感を得ちゃうと、家建ててくれるひとがいなくなる???

(思い出すのは“マトリックス”。あれも種明かしすれば、人類がそんな仮想世界で生活している映画だった)


―――というのはすぎぼーの考えすぎでしょうか?


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店