伊賀市Y様邸の窓枠。

<職場のblog>

弊社嶋村君から写真来ました!

伊賀市Y様邸は建築デザイナー・藤村正継氏設計の建物です。

その形状はユニークで、特に前面の壁面が傾斜しているところが特徴です。

当然ながら、高い技術力・展開図からイメージできる創造力などが必要とされます。


で、今回は『窓枠』の話。


で、デザイン上の都合だと思うんですが、

『窓枠の見える部分が裏と側面が5ミリずつしかないので、ちょっとでも強度出すため斜めに削り出してあります』

という報告を受けました。


おそらく、窓枠補強のために工夫をこらし、斜めに木を削りだしているものと思われます。

(5枚目、6枚目は特によくわかるかと思います)


写真に見えている『内障子』鴨居敷居、美しいですよね。

内障子は太鼓張りした障子が入る予定です。


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店