アルミサッシの錆

<すぎぼーのblog>

こんにちは、すぎぼーです(^_-)-☆


先週末からいよいよリオオリンピックが始まりましたね~。

日本人選手もすでに金をはじめ、銅も続々と獲得してるし。時差が12時間あるので、丁度昼夜逆転で見難いのが玉にきずですが・・・・

高校野球・イチローの3000本安打等々、現在スポーツの話題でいっぱい!

最近暗いニュースが多かったので、なんかこういう選手の活躍見るとホッとするような、嬉しいような。



さて、すぎぼーんちは築20数年・・・そろそろあちこちガタがきているんですが、最近ある窓(屋根が深くかかっていて雨が当たりにくい)の面格子に白いブツブツができているのに気が付きました(@_@)


なんじゃコリャー!?

と、思って調べるとどうやら、アルミサッシの『錆』

無知で笑ってやってください。

アルミサッシが錆びるなんて、すぎぼー全然知りませんでした(T_T)


◎LIXILトラブルシューティングより。

http://tostem.lixil.co.jp/support/troubleshooting/door/sash/case01-16.htm


どうやら、雨がしょっちゅうかかっている窓よりも、雨がかかりにくい窓にホコリがつき、水が入り込むと局部電池ができ、アルミが腐食して溶け出すらしいんです。それで、表面コーティングが剥がれ錆びていくのですね。

↑ 白いツブツブがサッシの錆です。


この白錆を取り除くのは非常に難しく、なかなかシロウトができるような作業じゃないです。

サンドペーパーでこすり、当然色落ちするので塗装をし、コート剤を吹き付けて・・・

こんなん、ようしません(T_T)


逆にここまでするんやったら、面格子を付け替えてもらうと思います。小さなサイズやったらそんなに高い物でもありませんし。

でもそこまでする気のないすぎぼーは、今回は『とりあえずごまかしサビ取り』をすることにしました。



ホームセンターへ行くと、いろいろアルミサッシのサビ取り剤が売ってます。

私は、カンペの洗浄剤を買いました。

素材を傷めず・・とは書いてありますが、すぎぼーんちとこみたいに表面コートがすでにボロボロで不安な方は、目立たないところで少しだけお試し洗浄されてからの方がいいかも。

これをボロスポンジで塗り付けていって・・・

すっぱい匂いがする!クエン酸とか使っていそう。

ここであまりゴシゴシしすぎるとブラウンの色がはげてしまうので、錆のところだけやさしくこすります。

*注意 洗浄力が強いので被膜まで落としてしまいます。塗って長時間放置しないでください。

↑ 30秒ほどしてから十分に水洗いします。

↑ すぎぼーんちのサッシは古く、腐食が進んでいたので、たぶん表面コートはすでにボロボロ・・・

洗浄後はこんな状態になりますが、保護剤を塗ると復活しますのでご安心を。

別売りの『フッ素保護剤』というのを塗るらしいんですが、4軒ホームセンターを回りましたが見当たらず・・・(通販では売ってます)

しかたないので経験上で、(いいのか悪いのかわかりませんが)フッ素配合のクレ556を吹き付けて布で磨いていくと・・・

おおっ!ツヤツヤ復活。

とりあえずの見栄えはよくなりました。

ただ、ここまで表面が傷んでいると、また後日白化してきますので、まめに水洗いし、保護剤を塗ることをお勧めします。


ていうか、サビが出る前に雨の当たりにくい窓はまめによく洗い、ホコリによる腐食がおこらないように気をつけるのが良いと思います。


ここで一句。


新築の うちから励め 窓洗い


おそまつ!


**追記**

フッ素保護剤、やっと手に入れました!

先日洗って、たぶん・・表面のコートがくたっている窓に使ってみたいと思います。



0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店