石鎚山(四国愛媛県)に登ってきました。

<社長のblog>

四国山地西部に位置する石鎚山。四国最高峰、いや、西日本最高峰です。(1982m)

中腹までロープウェイが通ってますが、行きは麓から登り始めました。


石鎚山をご神体とする石鎚神社本社。お山自体がご神体で、晴れた日は神社社殿の中から石鎚山が見えるそうです。

梅雨時期ということで、あいにく曇ってはいましたが、雨には降られませんでした。



石鎚山登山で欠かせないのが、『鎖』。

『弥山まで3箇所の鎖場があり、下から「一の鎖」(33メートル)、「二の鎖」(65メートル)、最後は「三の鎖」(67メートル)と続くが迂回路もある。「一の鎖」の手前に前社ヶ森(1,592m)の岩峰にかかる「試しの鎖」(74メートル)があり、これが最も急勾配である。・・・・Wikipediaより抜粋

鎖は18世紀頃からかけられていたとみられ、切れた鎖を掛け替えた文献が残っているそうです。



頂上では別の登山客の方に写真を撮ってもらいました。

晴れていたら眺めもすばらしかったはずです。


帰りは時間の関係上、中腹からはロープウェイで。


最後に、石鎚神社の御神水をいただいて帰路につきました

かなりハードな登山でしたが、西日本最高峰登頂は大きな自信につながりました。

0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店