伊賀市移住コンシェルジュ

<すぎぼーのblog>

こんにちは、すぎぼーです(^_-)-☆


連休が終わり、緑もいっそう濃くなってきましたが皆様お元気でしょうか?

緑豊かな伊賀地方は、すてきな所・・・・・

でも、全国的な知名度は?

伊賀と言って思いつくのは、『忍者』『松尾芭蕉』『藤堂高虎(伊賀上野城の改修)』・・・・?



先日、TVニュースを見ていると、過疎化が進む田舎で、若者の移住を勧める取組の特集をやってました。

ふと気になって、伊賀市のホームページを見てみると・・・・

おぉ!今年の春から、伊賀市移住コンシェルジュという窓口を開いて、積極的に伊賀市への移住を勧める計画を立ててるというではありませんか!?


「伊賀市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、移住・交流施策を推進するため、地域づくり推進課に「移住コンシェルジュ」を設置しました。

上記伊賀市移住コンシェルジュHPより転載。



↑ 伊賀市移住ガイドブックがHPからダウンロードできます。



おそらく現状としては、若者が都心部へ流出しているのを防ぐことができずに、人口減少・高齢化に歯止めがかかっていないのでしょう。(どこの地方都市でも同じと言えますが)


でも、大阪と名古屋の中間に位置し、自然はたっぷりあります。
人情味もあり、人々は親切です。
市内に入ってしまうと、スーパー、大型店、病院等なんでも揃っているし。


あとは仕事をどうみるか、でしょうか。都心部まで通う? 伊賀で仕事を見つける?

ここさえ、行政側も本気出してサポートしてくれるなら、移住としての選択肢は悪くないと思います。事実、高度成長期~バブル期にかけて、大阪等のベッドタウンとして大規模住宅団地が開発されてきた地域なので。


これは、大変面白そうな取組なので、すぎぼーも注視していこうと思います。


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店