伊賀市S様邸解体始まりました。

新築予定の伊賀市S様邸、解体始まりました。


S様邸はトラディショナルな日本家屋です。

あっ、お二階から畳が・・・・・


田の字型の和室。多くの古民家にはこの間取りが使われていたはずです。

季節、あるいは行事によって空間を自由に広げたり狭めたりできる合理的な間取りだったのですが、時代は進み、ライフスタイルの変化によって間取りも違ったものになりつつあります。


瓦はまだ新しく状態もよいので、丁寧におろして別棟に再利用する予定です。


裏から見たところ。


解体の後は、更地になって地盤調査→基礎工事と進んでいきます。

また、折を見てご報告させていただきます。


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店