オオサンショウウオを保護しました。

<すぎぼーのblog>

こんにちは、すぎぼーです(^_-)-☆

もうぼちぼちお盆ですよね。伊賀神戸駅前のあさだ駐車場もお休みの人が多いのか?けっこう空いています。昨年から祝日に制定された山の日もあるので、大手さんとかはもう連休ですよね。


さてさて、そんな暑い夏の日。

あさだ建築の木工場の横の水路で、大工さんが『オオサンショウウオ』を捕獲しました。

すぎぼーが一報を受けて木小屋に駆けつけると・・・・

なんと!!おっきい!!

こんなに大きなサンショウウオをじかに見るのは初めてです。

どうやら、先の台風の大水で、川上から流されてきたようです。


ケースがなかったので社長んとこの衣装ケースに入れたらしく・・・

この衣装ケースの長さが74cmですので、それより長い!!


で、かわいそうなので社長のお母様と一緒に近くのホームセンターで大きなたらいを買ってきたのですが・・・

帰ってきたら、伊賀市の方がお越しになっていました。


『伊賀市教育委員会 文化財課』の方だそうです。

オオサンショウウオは、国の特別天然記念物なんで、見つけたら即元の住処に放流してやらないといけないそうです。


ここで保護したオオサンショウウオの大きさや体重などを測定し、マイクロチップを挿入して個体の識別をしておくそうです。(いわばオオサンショウウオの戸籍を作るって言い方されていました)


↑ 市の方の七つ道具。赤丸の中がマイクロチップの機械だと思います。


身長は88cm。(1m近いぞ!!)

体重は忘れたんですが、5kg前後だったように思います。

これほど大きいのを天然で見たのは、私は初めてです。赤目四十八滝の岩肌で小さいのがへばりついているのは2度ほど見たことがあるのですが。


その後、教育委員会のケースに移され・・・・

(って言うかうちの衣装ケースとほとんど同じ?!)


お手手がかわいくて。頭もまるい。でも歯は鋭くて、噛みつかれると指がちぎれるほど深いけがをするそうです。


ああっ、なんとなく愛着が湧いたところでお別れ。


この車が通っている所が水路になっていて、ここで発見しました。


この後、もっと上流の所に放流するそうです。

今頃、仲間と合流できてるかな(笑)


以上、私の貴重な体験でした。





0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店