M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

<すぎぼーのblog>

Trick or Treat !  ----------------------またこれかぁ・・・とうんざりしました?

そうですよねぇ。。外国のお盆なのに、なんで日本人が?とは、思いますよねぇ。

でも、まぁ、それによって儲けてる商売もありますし。テーマパークや飲食店やお菓子のパッケージまでハロウィン仕様。

ハロウィンが済んだら、今度はクリスマス仕様になるのかな(笑)


さてさて、実はすぎぼー、広角レンズを買いまして。

8月に弊社リフォーム物件N様邸の写真を撮りに行った時のこと。

お二階が広いひとつの空間になっているんですが、端から写真を撮ろうとすると、やはりレンズ視野が狭いんです。

私が持っているカメラは、パナソニックのGM1という小型のミラーレスカメラです。

そのキットレンズは焦点距離12mm(35mm換算で24mm)始まり。

ひと昔前は標準焦点距離が50mmくらいでしたよね?それが、いつのまにやら35mmが当たり前になり、デジカメが流行りだすと、28mmくらいの画角も多くなりました。

ということは、24mmでも十分広角なんですが、それでも物件撮影ってもうすこし広く写したくなるもの。


で、それから3か月。考えに考えて、お金もコツコツ貯めて(笑)

とうとう、中古ですがポチッとしてしまいました~♪ 中古でも、私には十分です。

買ったのはオリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6。

パナソニックからも広角レンズ(7-14mm F4.0)が出ているんですが、これの2倍ほど重いん(300g)です。

持っているカメラが小さいので、結局コンパクトなオリンパスの方に決めました。

↑ 焦点距離は9mm(35mm換算18mm)始まり。

すごいです。やっぱり違います。

写真1枚の中にひろ~く写ります。面白いのひと言です(^O^)

↑ このレンズの望遠側18mm(35mm換算36mm)だとやっぱりあまり入りません。


『あたちのおしりもバッチリ写ってるでしゅか?』


さあ、これで完成物件の撮影も広く写せそうです。

直近はY集会所さま?かなぁ・・・。



0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店