廃材処分も大変だ!

<すぎぼーのblog>

こんにちは、すぎぼーです。

連休明けました。

 昨日はちょっとバタバタしてて更新できなかったんですが、一応すぎぼー生きてます(笑) 


さて、先日離れの増築現場に、廃材処分用のコンテナ(←これ、結構建築業者としては重要なんです!)をお願いしたところ、なんと!!全部出払っているとのこと(@_@) 

こんなことは、すぎぼーの長い業務経験でも初めてでした。 建築がちょっと盛んになっているのかな~?そしたら嬉しいんですがね。



一口に建築ゴミといっても、最近はとっても『おかみ』が厳しいらしく、産業廃棄物が出ると、必ず産廃処理業者さんは、

産業廃棄物管理票 建設系廃棄物マニフェスト

という数枚複写式の文書を作成して控えを弊社に送ってくれます。

これがね・・結構膨大な量で。

逐一、もれなく作成してくださるんで、頭が下がる思いです。



それに先立ち、1年に1回(だと思うんですが)は、弊社と産廃処分(運搬)業者さんとゴミ処理施設業者さんとの3社で契約書を交わします。

皆様の御見積書で、『ゴミ処分費』とか『整理整頓費』とかいう項目があると思うんですが、一般消費者からすると、

「えーーっ?ゴミ捨てるだけでこんなにお金が要るの?」

と感じがちだと思うんですが、実際これだけの手間暇がかかっているんです。

もちろん、ゴミ分別についても、極めて厳しく指導されます。



まぁ、ともあれ、今朝業者さんから電話かかってきて、ゴミカゴひとつ確保できたということですので、あらかたゴミ処分が終わってしまった増築現場ではなく(これは特別の配慮で大工さんが処分場までゴミ持って往復してくれた<(_ _)>)、これから始まるリフォーム現場、伊賀市I様邸へ配置とあいなりました\(^o^)/


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店