バリアフリー工事・伊賀市H公民館

弊社ではバリアフリー工事もよく承ります。

今回ご紹介するのは公民館のバリアフリーですが、介護保険を利用した住宅改修も手掛けております。(この介護保険住宅改修についてはまた別途ご紹介します)

バリアフリー工事というと、・段差解消 ・手摺の設置 ・和式から洋式便器への変更 などが多いです。このH公民館では、段差解消と出入口のスロープ・手摺設置を行いました。

高齢者や体の不自由な人はたとえ「1cm」の段差であろうが、つまずいたりします。あるいは、車椅子もその段差があるがためにスムーズには通りません。

私は、実母が6年間寝たきりの生活(要介護度5)をしていたので、そこらへんのこと本当に身につまされて・・・。いや、勉強にもなりましたが。

実は簡単な工事やアイテムで、その不自由さが「まし」になることも、また事実であると気が付きました。

↑ これは「アイテム」のひとつ。


↑ 出入口は、左官工事で。




車椅子でも通れる、美しいスロープ(手摺付)ができあがりました。


0コメント

  • 1000 / 1000

Asadakenchiku.com

古民家改修からデザイナーズハウスまで。 三重・奈良「ソーラーサーキットの家」契約工務店